会社の満足度を向上させるためには

会社にまつわる満足度には顧客満足度と従業員満足度があります。
事業を成功させるためにはこのどちらもが大切だということは言うまでもありません。


そしてこの両者は無関連なものではなく、互いに影響しあう性質があります。

顧客が満足すると、それを実感した従業員の満足が上がる。



従業員が満足していると、顧客満足にも好影響があります。

両者を向上させることが必要なことがわかるでしょうか。会社の従業員満足度を向上させる方法には、さまざまな方法がありますが、重要なことは会社で働く従業員を一人の人間として見ることです。


数字などで管理するのも大切ですが、満足させるには、心理的な側面をケアする必要があります。



そのための方法は経営学で組織論として扱われています。
例えば、「従業員は自らの目標を自ら決めて課業を行う時には満足しやすい」や「評価基準が事前に示されていると、評価に対しての納得感が高まる」「従業員は課業から学習している実感がある時、満足しやすい」という内容のさまざまな理論があります。

会社の顧客満足度を向上させる方法も同様に多く存在しますが、ここではある公式を使い、考えたいと思います。


顧客の満足は「実感÷期待」で表されます。つまり期待を実感が上回った時、顧客は満足を感じるのです。

式からわかるとおり、顧客を満足させるには、実感の提供と期待のマネジメントが必要です。



具体的な対策としては、実感をより提供する(分子を増やす)ために、商品を改良する。

期待をマネジメント(期待を適正値に維持する)ために、過大な広告は行わない。

事前の説明を十分に行う。
などがあります。

電気料金 節約に関するお悩み解決にはこちらです。

名簿屋!名簿販売古書店!元祖めいぼやのアクセスですについてわかりやすく説明しています。

ご利用の流れ | TRC : 東京流通センターに関してとにかく簡単に調べられます。


mouseover